倶楽部報

ホーム > 倶楽部報 > 2020年秋号(前田祐吉・元監督の野球殿堂入り表彰式)

倶楽部報(2020年秋号)

前田祐吉・元監督の野球殿堂入り表彰式

2020年09月25日

2020年1月に野球殿堂入り(特別表彰部門)した元監督の故前田祐吉氏と元早大監督の故石井連蔵氏の表彰式が8月15日、早慶戦前の神宮球場で行われました。

表彰式には、前田元監督の次男大介氏(平成6年卒 慶應高)と石井氏の長男拓蔵氏が出席。両氏には、野球殿堂博物館の斉藤惇理事長から同博物館に掲額されるレリーフのレプリカが手渡され、また、大介氏には瀬戸西純主将(4年 慶應高)から、拓蔵氏には早大副主将から花束が贈られました。

前田祐吉氏と石井連蔵氏は1960年秋、今でも名勝負として語り継がれる優勝をかけた「早慶6連戦」で指揮を執った間柄でもありました。当時の様子は、スコアボードのオーロラビジョンでも映し出され、観客はコロナ禍で内野席に限定されたとはいえ、多くのファンから拍手を浴びました。

マウンド手前であいさつに立った大介氏は感謝の言葉を述べたあと、「父は18年間指揮を執って、エンジョイベースボールを広めることができたと思います。また、学生とスポーツの適切な距離感を保ち、教育者に近い指導者だったと思います。勝負へのこだわりも強かった。今日は、この歴史ある早慶戦を楽しんでください。もちろん、前田祐吉はKOを応援しています」などと話をされ、式は滞りなく終了いたしました。


堀井哲也監督(昭和59年卒 韮山高)の話

故前田祐吉監督(以降前田監督)が昭和35年に一回目の塾野球部監督に就任されてから、今年で60年経ちますが、この間の歴代監督は殆ど前田監督の教え子かそのまた教え子が務めてきました。一方で在職中、戦前の故三宅大輔、故腰本寿両監督の時代に触れられたり、故上野精三監督を神宮球場のローカールームに招いていました。塾野球部に世代を超えて一本の筋が通っていると感じるのは、前田監督の塾野球部愛と教育の賜ではないかと思います。

前田監督が昭和56年末、福島敦彦監督の後に二回目の監督に就任した際、私は大学二年のシーズンを終えた時でした。年が明けての部員全員参加の年頭ミーティングで、監督はいきなりレギュラーを発表しました。と同時に9人のレギュラーには責任と謙虚さを、他の多くの部員には競争と挑戦の姿勢を求めました。エンジョイベースボールとは、極めて高いレベルで勝利への執念とスポーツマンシップ、そして全員野球を実現する事でした。

次の世代にしかと受け継ぐ事をここにお誓い申し上げます。


相場勤元監督(昭和62年卒 桐生高)の話

前田祐吉監督の野球殿堂入りを大変誇りに思う教え子の一人として寄稿させていただきます。 私は現在、三田倶楽部渉外委員長を務めさせていただいており、毎年塾野球部を目指す高校生に、慶應義塾とは、 慶應野球部とは、という話をさせていただいておりますが、その度に思うこと、それは「前田野球は、慶應義塾そのもの、慶應義塾体育会そのものの精神を具現化している」ということです。 前田監督は非合理なことを嫌い、自ら創造する楽しさを伝え、リーダーたるものの心構えを教えていただきました。信頼とは何か、果たすべき責任とは何か。振り返れば振り返るほど、その根底に見えてくるものは福沢諭吉先生の建学の精神であり、小泉信三先生の体育会の精神です。

私は勝手ながら高校生たちに『KEIO BASEBALL POLICY』として三つのこと伝えています。①スポーツがもたらす 三つの宝②Enjoy Baseball③社会の先導者。慶應義塾、慶應野球部の門を叩いた暁には、この意味を学んでほしいと問いかけています。学生たちが四年間の野球部生活で何を学んで社会に出ていくのか?時代が変わり、学生気質も変わる中で変わらない確かなものが塾野球部にはある。前田野球が慶應野球部に継承されていく意義がここにあると確信します。 私も憚りながら前田野球/慶應義塾の精神を後輩に伝え、慶應義塾体育会野球部の更なる発展に微力ながら貢献させていただくことで、前田監督への恩返しを果たしていきたいと思います。


大久保秀昭前監督(平成4年卒 桐蔭学園高)の話

前田さんと出会えた事で今の指導者としての自分がいます。桐蔭学園に来校された時に捕手が欲しいと言って頂いた時から私の人生が開けました。やんちゃな私と小檜山を温かい目で見て育ててくれた事に感謝しかありません。四年生の時、春秋連覇で卒業出来た事やアトランタ五輪も一緒に行けた事、慶應の監督になった自分をずっと応援してくれて「楽しい野球をやっている」と言ってくれた事。苦しい、厳しい結果になった時でも前田監督の存在、言葉に救われた事は今でも続いています。

大介君、御家族の皆様にも感謝申し上げます。ありがとうございました。そして野球殿堂入りおめでとうございます。

殿堂入り表彰式で電光掲示板に映し出された往年の前田祐吉氏
殿堂入り表彰式で電光掲示板に映し出された往年の前田祐吉氏

殿堂入り表彰式で瀬戸西主将から花束を受け取る前田大介氏
殿堂入り表彰式で瀬戸西主将から花束を受け取る前田大介氏

表彰式集合写真
表彰式集合写真

殿堂入り表彰式で電光掲示板に映し出された前田祐吉監督の胴上げシーン
殿堂入り表彰式で電光掲示板に映し出された前田祐吉監督の胴上げシーン

ページの先頭へ戻る